成分
チェルラーブリリオに含まれている卵殻膜エキスという成分。
すべての人に効果があるわけではありません。
美容液でその成分を比較してみてください。

卵殻膜エキス配合美容液「チェルラーブリリオ」を見る

成分には合う合わないがあります。
あなたに合う美容液を見つけてください。
チェルラーブリリオ口コミ

チェルラーブリリオの間違った使い方で悲惨なことに!正しく使わないと危険なことも。

チェルラーブリリオは正しく使わないと効果が期待できません。
まず、チェルラーブリリオの使い方を確認してみましょう。

チェルラーブリリオの使い方は、洗顔後、一番最初に使います。
1~3滴を目安に、気になる部分や顔全体になじませます。
気になる部分には重ねづけをするとより効果的です。
朝・晩に使えます。
使い方は、洗顔後の肌に使用するだけなので簡単です。

卵殻膜エキス配合美容液「チェルラーブリリオ」を見る

では成分について確認してみましょう。

チェルラーブリリオの成分

チェルラーブリリオ口コミ
チェルラーブリリオの成分は、水、BG、加水分解卵殻膜、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキス、エリンギウムマリチムムカルス培養液、ムクゲカルスエキス、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、グルコシルセラミド、スクワラン、ノバラ油、イランイラン花油、α-グルイアン、マンニトール、レシチン、グリセリン、PVP、キサンタンガム、PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノールとなっています。

チェルラーブリリオの成分には卵殻膜エキス配合率が95%配合されています。
そして、「EGF」「りんご幹細胞エキス」「フラーレン」など、話題の美容成分を配合しているのが特徴です。

「FGF」と「フラーレン」はノーベル賞を受賞した成分なんです。

チェルラーブリリオの成分を見ただけでは良さがわかりにくいかもしれません。
そこで同じ卵殻膜エキス美容液のビューティーオープナーと比較してみましょう。

ビューティーオープナーの成分は水・BG・ペンチレングリコール・加水分解卵殻膜・ヒアルロン酸Na・スクワラン(オリーブ由来)・カンゾウ根エキス・バラエキス・ローズマリー油・レモングラス油・ニオイテンジクアオイ油・デキストリン・オレイン酸ポリグリセリル-10・クエン酸Na・クエン酸となっています。

ビューティーオープナーも卵殻膜エキス配合率が95%配合されています。
どちらも同じ卵殻膜エキス配合率となっています。

違いとしては、チェルラーブリリオの方がより多くの美容成分が配合されています。
ただこの「EGF」「りんご幹細胞エキス」「フラーレン」の効果には個人差があります。
すごく効果ある人も入れば、効果を感じない人もいます。

効果を比較するなら、最初にビューティーオープナーを使って、次にチェルラーブリリオを使用すれば、この「EGF」「りんご幹細胞エキス」「フラーレン」の効果が自分にあるかどうか確認できるはずです。
そんなの面倒と思う方は最初からチェルラーブリリオを使ってみるといいでしょう。

卵殻膜エキス配合美容液「チェルラーブリリオ」を見る

チェルラーブリリオ口コミはウソ!効果や評判を信じてはいけない。

チェルラーブリリオは楽天やAmazonで買うのが最安値ではありません!